マイペース犬ソリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画感想】22年目の告白 -私が殺人犯です-

<<   作成日時 : 2017/07/13 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

元となった韓国映画は観ていないのだけど、地上波で放送した『藁の楯』を観て藤原竜也の屑キャラに興味を持ったのがきっかけで、今回も藤原竜也の屑キャラなのかと期待して観に行った。
よくできたサスペンスという感想です。

(ネタバレあり)
連続殺人事件が時効を迎えた後に真犯人を名乗る曽根崎という男が現れ、社会現象を起こす。
連続事件を追っていた刑事の牧村が、改めてその真相を追うというストーリー。

曽根崎が若いので、果たして22年前にそんな事件を起こせたのだろうかと疑問を覚え、おそらくこのまま曽根崎が真犯人ということにはならないだろうなって感じながら観ていた。
そしたら本当の真犯人という人物まで登場する。

この映画の見せ場は、報道番組でアンカーを務める仙道、曽根崎、牧村、真犯人を名乗る男との対談企画の場面。
緊張感のあるシーンを時間をかけて見せてくれる。

番組内で曽根崎の正体が明らかとなり、真犯人を名乗る男も偽物だと判明するが、この後くらいに、事件の真相というか本当の犯人に皆気づくと思う。

その後、牧村と曽根崎が真相に向けて行動し、最後真犯人にたどり着くまでに伏線が回収され、中だるみなく映画を楽しめた。お涙頂戴でないところも良い。

藤原竜也の曽根崎は一見屑そうなのだけど、正体がバレた後はむしろ屑っぽく見せていた部分がうまいなと感じる。
伊藤英明の牧村はテラフォーマーズの時感じたフワフワした雰囲気が無くて、抑えた演技が良かった。
仙道を演じた仲村トオルが、報道関係者役とは意外だなって思ってたら。。。

面白い映画だったけど、連続殺人の残酷なシーンもあるので地上波でノーカットでは放送できないかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【映画感想】22年目の告白 -私が殺人犯です- マイペース犬ソリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる