【ドラマ感想】沈まぬ太陽

大型連休を使って、録画していたWOWOWドラマの沈まぬ太陽の一挙放送を観た。 原作者は山崎豊子で、組織の闇と戦う力作。観ていて続きが気になって全20話もあるが全話観てしまった。 主人公の恩地が、自身の務める国民航空(JALがモデル)の腐敗した経営陣と戦う話。 真面目な恩地が労働組合の委員長に就任したばっかりに、真面目に労使交渉を行って経営陣に嫌われてしまう。 そこから懲罰人事で海…

続きを読む

【映画感想】シン・エヴァンゲリオン

本放送当時のTVシリーズから観ていた自分としては、ついに物語を終わらせるということなので、その幕引きを観てやろうという気持ちで観に行った。 TVシリーズの中盤まではSFと謎解き要素を散りばめた娯楽作のような感じだったのに、 後半は登場人物が他人との距離感を図る、精神世界の葛藤のような視点が中軸になっていってた。 正直いうと旧劇でストーリーは完結していると思っていたので、この新劇場版…

続きを読む

【読書】戦国日本と大航海時代

以前NHKでも同じような内容の放送をしていたが、戦国時代の日本とヨーロッパとの外交について解説した本。 学校で習った解釈では足りてない部分の解説が多々あって面白かったし、以前朝鮮出兵について興味本位で調べていた時に得た情報が書いてあった。 実際にヨーロッパに残されている文書に記載されている内容を基にしているので、納得のいく内容でもあった。 特に秀吉の朝鮮出兵についてがメイン。それに加え…

続きを読む

【ドラマ感想】メガバンク最終決戦

原作は未読だったが、WOWOWの一挙放送を録画していたので、それを観てみた。 経済ドラマというか企業ドラマというか銀行を舞台にしたドラマだ。 銀行が舞台なのでストーリー展開的には地上波で話題になった顔芸ドラマに近い部分もあるのだが、 WOWOWのドラマは暑苦しくないし手堅いキャスティングで、落ち着いて観ることができる。 あと、話数も大体5話くらい(このドラマは6話)で見続けるのに…

続きを読む

【ジェフ千葉】犬の生活Jリーグ日記 読書感想

Jリーグの、特にジェフ千葉のファンの間では「いぬち」の名で知られる、スポーツライター西部謙司氏によるジェフ千葉観戦記。 それの2020年度版をまとめたのが本書である。 自分も同時期にジェフの試合を観始め、理由も千葉県民だからだけだったので、スポーツナビで連載が始まった当初から親近感を持って記事を読んでいた。掲載先が変わって有料になってからは読んでなかったので、久々に触れた感じだ。 …

続きを読む

【大河ドラマ感想】麒麟がくる

俺も好きな太平記の脚本を書いた池端俊策氏が脚本を担当するということで、ネットでは期待の声が高く、俺も期待していた大河ドラマ。 従来の印象を変えつつある明智光秀を扱うということで、どんな風に描かれるかも楽しみにしていた。 全体でいうと、前半は面白かったが後半は印象が薄くなった。これは新型コロナの影響で中断と駆け足になったからだと思う。 斎藤道三、帰蝶、織田信長が魅力的だったが、そのう…

続きを読む

【海外ドラマ感想】マニフェスト シーズン2

去年スーパードラマTVでCMを観て、LOSTみたいで面白そうと思って観始めた。 なのでシーズン2しか観ていないが、観ていくうちになんとなくどんなストーリーかはわかってきた。 主人公は女刑事ミカエラとその兄で学者(?)のベン。二人が乗ってた飛行機モンテゴ航空828便がジャマイカから帰る途中、 乱気流を抜けると5年半経過してたというお話。 しかも828便の乗客はすべて、「呼びかけ」という…

続きを読む